アバウト・タイム 愛おしい時間について|フル動画を無料視聴しよう

アバウト・タイム 愛おしい時間について

2013年製作/124分/イギリス

イギリス南西部コーンウォールに住む青年・ティムは、21歳の誕生日、父から一家に生まれた男たちにはタイムトラベル能力があることを知らされる。

恋人をゲットしようとタイムトラベルを繰り返していたティムは、チャーミングな女の子・メアリーと出会い…。

予告動画

映画『アバウト・タイム ~愛おしい時間について~』予告編

キャスト・スタッフ

出演 (ティム)ドーナル・グリーソン
(メアリー)レイチェル・マクアダムス
(ティムの父親)ビル・ナイ
(ハリー)トム・ホランダー
(シャーロット)マーゴット・ロビー
(ティムの母親)リンゼイ・ダンカン
リディア・ウィルソン
リチャード・コーデリー
ジョシュア・マクガイア
ウィル・メリック
監督 リチャード・カーティス
原作
音楽 ニック・レアード=クロウズ
脚本 リチャード・カーティス
制作 ティム・ビーヴァン
エリック・フェルナー
ニッキー・ケンティッシュ・バー

みんなの感想・評価

SNSでの口コミ・評判は?

動画配信情報

動画配信サービス比較表

動画配信サービスの詳細

U-NEXT|基本情報

U-NEXTおすすめ
U-NEXTの特徴
月額料金1,990円
無料期間31日間
入会特典600ポイント付与
動画配信数160,000本
ダウンロード
再生可能端末数4

TSUTAYA TV/DISCAS|基本情報

TSUTAYA TV DISCASおすすめ
TSUTAYA TV/DISCASの特徴
月額料金2,658円
無料期間30日間
入会特典1,100ポイント付与
動画配信数10,000本
ダウンロード
再生可能端末数1

FODプレミアム|基本情報

FODプレミアム
FODプレミアムの特徴
月額料金888円
無料期間2週間
入会特典-
動画配信数20,000本
ダウンロード×
再生可能端末数1

Hulu|基本情報

Hulu
Huluの特徴
月額料金1,026円
無料期間2週間
入会特典-
動画配信数60,000本
ダウンロード
再生可能端末数1

AmazonPrimeVideo|基本情報

amazonprimevideo(アマゾンプライムビデオ)
AmazonPrimeVideoの特徴
月額料金500円
無料期間30日間
入会特典-
動画配信数20,000本
ダウンロード
再生可能端末数1

dTV|基本情報

dTV
dTVの特徴
月額料金550円
無料期間31日間
入会特典-
動画配信数120,000本
ダウンロード
再生可能端末数1

dアニメストア|基本情報

dアニメストア
dアニメストアの特徴
月額料金440円
無料期間31日間
入会特典-
動画配信数3,100本
ダウンロード
再生可能端末数1

Paravi|基本情報

Paravi
Paraviの特徴
月額料金1,017円
無料期間2週間
入会特典-
動画配信数10,000本
ダウンロード
再生可能端末数1

ビデオマーケット|基本情報

VideoMarket(ビデオマーケット)
ビデオマーケットの特徴
月額料金550円
無料期間入会月無料
入会特典-
動画配信数20,000本
ダウンロード×
再生可能端末数1

Netflix|基本情報

netflix(ネットフリックス)
Netflixの特徴
月額料金880円
無料期間無料期間なし
入会特典-
動画配信数非公開
ダウンロード
再生可能端末数4

9tsu、パンドラ、Dailymotionで視聴するには?

注意
DailymotionやPandoraで違法動画を見るのは危険

無料動画共有サイトには、「アバウト・タイム 愛おしい時間について」が不正にアップロードされているかもしれません。

しかし、違法アップロードされた動画は低画質で怪しい広告が出現する上、最悪の場合ウイルスに感染する恐れがあります。

万が一にでもウイルスに感染することがないよう、動画配信サービスを利用することをおすすめします。

DVD・Blu-ray情報

「アバウト・タイム 愛おしい時間について」のDVD・Blu-rayは、2014年2月4日に販売されています。

「アバウト・タイム 愛おしい時間について」は、DVD・Blu-rayを購入もしくはレンタルすることでも視聴できますが、動画配信サービスを利用することで今すぐ無料で視聴できます。

作品概要

「アバウトタイム~愛おしい時間について~」は、リチャード・カーチス監督の長編映画3作目。「ラブ・アクチュアリー」などで知られる名匠が描く、じんわりと心に染み入るハートフル映画です。
もしも時間が巻き戻せたらと、誰もが思ったことがあるのではないでしょうか?本作は、過去へ戻る能力を持つ青年が主人公です。タイムトラベルを扱う映画は数ありますが、この映画は少し毛色が違います。能力を駆使して世界を変えるような派手な展開はありません。ありふれた、でも少し不思議な、一人の青年の愛の物語です。
この映画を観れば、主人公と同じように、かけがえのないものに気付くことができます。
そんな本作の魅力について、詳しく紹介していきます。

あらすじ

イギリスに住む冴えない青年、ティム。21歳になった時、父親から衝撃の秘密が明かされる。

「我が一族の男は代々、タイムトラベル能力があるんだ」

ただし、行けるのは自身が存在する過去のみ。生まれる前の過去や、まだ見ぬ未来へは行けない。そして、この能力を金や名声のために使うと破滅することになると父親から忠告を受ける。

そんな時、妹の友人シャーロットが夏休み中ティムの屋敷に滞在することになる。ティムはシャーロットに一目惚れし、タイムトラベルのちからを使いアプローチするが、上手くいかない。「タイムトラベルができても、人の気持ちを変えることはできない」と痛感するのであった。

家を出てロンドンで暮らすようになったティムは、チャーミングな女性メアリーに出会う。すぐに意気投合し、彼女の連絡先を手に入れ上機嫌のティム。そんな中、居候先の家主である脚本家の舞台が大失敗。

ティムはタイムトラベル能力を使って彼を助けるが、その影響でメアリーとの出会いがなかったことになってしまった。タイムトラベルの弊害に翻弄されながら、なんとかメアリーとの愛を育てようとするティム。

メアリーのため、家族のため、タイムトラベル能力を使い人生を送るティムは、大事なことに気が付いていく。

見どころ

タイムトラベルのルール

本作でのタイムトラベルは、とてもあっさりと描かれます。
方法も、薄暗い部屋で拳を握りイメージするだけ。派手な演出もありません。
注意点として下記の3点があります。

‐行けるのは過去だけ。未来には行けない。
‐自分が産まれる前の過去には行けない。
‐子供が産まれる前にトラベルすると、その影響で別の子供が産まれる。

この3つ目が重要で、後半のストーリーに大きく関わってきます。
妹の交通事故をなかったことにした代償に、1歳の愛娘が全く別の赤ちゃんになってしまいました。
受精は幾多の偶然の結果なので、タイムトラベルの影響で別の受精卵になってしまうとのこと。
悩んだティムは、娘の存在を優先し、別の方法で妹の幸せを探る道を選びます。
この選択は、ティムの父もまた経験したことでした。
癌が見つかり、原因は結婚前からのタバコだとわかりましたが、過去に戻るとティム達が産まれないため、今の家族の存在を選んだのです

幸せになる秘訣

余命僅かとなった父親が、ティムに幸せになる秘訣を教えるシーンがあります。

‐まず普通の生活をすること
‐その1日をほぼ同じ過ごし方でやり直すこと

1度目は色々なことが気がかりで気付けなかった大切なことに、2度目なら気付けるという話です。
関わる人々の感情や、綺麗な景色だとか、日常の何気ないものが愛おしく感じられるのです。
「そりゃ何が起きるかわかっていれば余裕ができるでしょ」と思ってしまいますが、どっしり構えていて、なぜか余裕のある人っていますよね。
このティムの1日はとても穏やかに幸せに描かれていて、こんな風に生きられたら・・・と思ってしまいます。

考察・ネタバレ

メアリーとの恋

物語前半は、ティムとメアリーのラブストーリーが中心です。
タイムトラベル及ぼす不運な状況に見舞われながらも、メアリーを振り向かせようとティムが奮闘します。
能力に全く頼らず恋を成就させるかと思いきやしっかり利用するので、チートでしょ!と突っ込んでしまいたくもなります。
別の彼との出会いをなかったことにしてみたり、彼女との初夜を繰り返してみたり、もう最強のスペックです。
こんなことができたら!と、タイムトラベルの全能感を楽しめる展開になっています。

また、2人のやりとりが軽快で微笑ましいです。
恋愛に奥手で格好のつかないことが多いティムですが、その口説き文句は直球でロマンティックです。
メアリーの連絡先を手に入れた時は、「この携帯はボロだけど、今日から宝物になった」と喜びます。
パーティーから彼女を連れ出す場面では、「その瞳が好きだ」とまっすぐ言い放ちます。
後の父のセリフにもあるように、「心が温かい」んですよね。
また、メアリーの飾らない魅力も存分に感じることができます。
ケイト・モス展での再会のシーンでは、ティムはなかなかの変人に見えていたはずですが、その対応に彼女の人柄の良さが出ています。
特に、ティムの母に「美人さんね」と言われた時の返しが好きです。
「そんなことないです。マスカラと口紅をいっぱいつけているだけ」。ユーモラスで素敵ですね。
このあたりは、「ノッティング・ヒルの恋人」や「ラブ・アクチュアリー」の脚本で知られるリチャード・カーチスならではです。

息子と父の愛

後半は、同じ能力を持つ父との関わりが軸になってきます。
ティムは父の死後も度々過去に戻って父に会っていましたが、第3子の誕生でそれができなくなります。
タイムトラベル能力を持ちながら、父と過ごす最後の1日を迎えることになるティム。
これは、能力の無い私達には経験できない贅沢なものです。
誰しも、どうしても過去に戻って会いたい人がいるのではないでしょうか?
もう二度と会えない人や、戻れない関係、懐かしい場所・・・
そういうものがある方にとって、心に刺さるシーンになっています。

そしてティムは、毎日が最後の日だと思って、一瞬一瞬を噛みしめて暮らしていこうと誓います。
現実では1日でも1秒でもやり直しがききませんから、そんなことは私達にはわかりきっています。
でも、それを改めて意識する機会は少ないですよね。
やり直せるティムだからこそ、やり直せない1日の尊さを強く感じられたのだと思います。
静かで、心に染み入るラストシーンです。

3-3.レイチェル・マクアダムスのキュートさ
この映画の魅力の大きな1つが、メアリー役のレイチェル・マクアダムスのキュートさです!
素朴で、等身大で、笑顔がとてつもなくチャーミングなのです。
ファッションも気取らず魅力的で、序盤の短すぎる前髪もよく似合っています。
ロンドンでの生活の様子もみずみずしく描かれていて、画面そのものが素敵なのです。
この映画にいまいち感情移入できないという人もいるかと思いますが、彼女の可愛さだけで観る価値あります。

まとめ

この映画を恋愛映画として観ると、タイムトラベル能力のチートっぷりに共感できないかもしれません。
かといってSF映画として観ると、タイムトラベル要素の薄味っぷりに興ざめしてしまうかもしれません。
ですが、日々の暮らしにキラリと輝きをもたらしてくれるような、素敵な映画です。

過去に戻れる能力があったらどんなに良いだろうと、誰しも思ったことがあるはずです。
しかし、その能力を持った2人の登場人物は、最終的にはその能力を「使わない」という選択をすることになります。
それがなぜなのか、映画を観れば感じることができると思います。

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は各公式サイトにてご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました