ハイ☆スピード! Free! Starting Days|フル動画を無料視聴しよう

ハイ☆スピード! Free! Starting Days

2015年製作/110分/日本

水と触れ合うことに特別な思いを持つ七瀬遙は、中学進学と共に水泳部に入部する。遙、橘真琴、椎名旭、桐嶋郁弥の4人でメドレーチームを組むことになるが、考え方も目的もバラバラ。

それぞれが抱える悩みもあり、リレーの練習を重ねてもうまくいかず…。

予告動画

「映画 ハイ☆スピード!-Free! Starting Days-」ロングPV

キャスト・スタッフ

出演 (七瀬遙)島崎信長
(橘真琴)鈴木達央
(椎名旭)豊永利行
(桐嶋郁弥)内山昂輝
(桐嶋夏也)野島健児
(芹沢尚)日野聡
(鴫野貴澄)鈴木千尋
(山崎宗介)細谷佳正
(山崎宗介(小学生))悠木碧
(松岡凛(小学生))渡辺明乃
監督 武本康弘
原作 おおじこうじ
音楽 加藤達也
脚本 西岡麻衣子
アニメーション制作 京都アニメーション

みんなの感想・評価

SNSでの口コミ・評判は?

動画配信情報

動画配信サービス比較表

レンタル

動画配信サービスの詳細

U-NEXT|基本情報

U-NEXTおすすめ
U-NEXTの特徴
月額料金1,990円
無料期間31日間
入会特典600ポイント付与
動画配信数160,000本
ダウンロード
再生可能端末数4

TSUTAYA TV/DISCAS|基本情報

TSUTAYA TV DISCASおすすめ
TSUTAYA TV/DISCASの特徴
月額料金2,658円
無料期間30日間
入会特典1,100ポイント付与
動画配信数10,000本
ダウンロード
再生可能端末数1

FODプレミアム|基本情報

FODプレミアム
FODプレミアムの特徴
月額料金888円
無料期間2週間
入会特典-
動画配信数20,000本
ダウンロード×
再生可能端末数1

Hulu|基本情報

Hulu
Huluの特徴
月額料金1,026円
無料期間2週間
入会特典-
動画配信数60,000本
ダウンロード
再生可能端末数1

AmazonPrimeVideo|基本情報

amazonprimevideo(アマゾンプライムビデオ)
AmazonPrimeVideoの特徴
月額料金500円
無料期間30日間
入会特典-
動画配信数20,000本
ダウンロード
再生可能端末数1

dTV|基本情報

dTV
dTVの特徴
月額料金550円
無料期間31日間
入会特典-
動画配信数120,000本
ダウンロード
再生可能端末数1

dアニメストア|基本情報

dアニメストア
dアニメストアの特徴
月額料金440円
無料期間31日間
入会特典-
動画配信数3,100本
ダウンロード
再生可能端末数1

Paravi|基本情報

Paravi
Paraviの特徴
月額料金1,017円
無料期間2週間
入会特典-
動画配信数10,000本
ダウンロード
再生可能端末数1

ビデオマーケット|基本情報

VideoMarket(ビデオマーケット)
ビデオマーケットの特徴
月額料金550円
無料期間入会月無料
入会特典-
動画配信数20,000本
ダウンロード×
再生可能端末数1

Netflix|基本情報

netflix(ネットフリックス)
Netflixの特徴
月額料金880円
無料期間無料期間なし
入会特典-
動画配信数非公開
ダウンロード
再生可能端末数4

9tsu、パンドラ、Dailymotionで視聴するには?

注意
DailymotionやPandoraで違法動画を見るのは危険

無料動画共有サイトには、「ハイ☆スピード! Free! Starting Days」が不正にアップロードされているかもしれません。

しかし、違法アップロードされた動画は低画質で怪しい広告が出現する上、最悪の場合ウイルスに感染する恐れがあります。

万が一にでもウイルスに感染することがないよう、動画配信サービスを利用することをおすすめします。

DVD・Blu-ray情報

「ハイ☆スピード! Free! Starting Days」のDVD・Blu-rayは、2016年7月20日に販売されています。

「ハイ☆スピード! Free! Starting Days」は、DVD・Blu-rayを購入もしくはレンタルすることでも視聴できますが、動画配信サービスを利用することで今すぐ無料で視聴できます。

作品概要

「ハイ☆スピード! Free! Starting Days」は、おおじこうじによる「ハイ☆スピード」が原作となったアニメ映画です。

この小説を原作にしたアニメは何作も作られており、映画化はこの作品が初となりました。2013年に一期、2014年には二期が制作され、今回の物語の舞台は、その二作よりも過去の話になっています。

主人公たちが高校に入る前、中学生時代の物語です。原作の小説に登場するキャラクターが、そのまま描かれている部分もあれば、映画オリジナルのキャラクターも登場しています。

テレビアニメと同じ声優がキャラクターの声を担当しており、思春期真っ只中の、危うくて微笑ましい少年たちが描かれています。

あらすじ

物語の舞台は、岩鳶中学校です。この中学校に入学してきたのは、無口でクールな七瀬遙、お人好しで遙の幼馴染の橘真琴、自信家で元気いっぱいの椎名旭、ぶっきらぼうで素直になれない桐嶋郁弥。

4人は同じ水泳部に入り、メドレーリレーに出る事になります。しかし4人はバラバラで全然息が合いません。環境の変化によって、それぞれで悩みを抱えていたのでした。

主人公である七瀬遙も、オーストラリアへと留学してしまった松岡凛のことが引っかかり、リレーに打ち込まずにいました。

4人はぶつかり合い、時には喧嘩をしながらも、徐々に互いを分かろうと歩み寄ります。少年たちの青春と成長の物語です。

見どころ

美しい作画に注目

まず見て欲しいのが作画の美しさです。この映画は京都アニメーションという会社が作っています。こちらのアニメ会社は絵の美しさに定評があり、本当に人物が生きているように動きます。

この映画では水泳がテーマとなっているので、もちろん泳ぐシーンがとても多いです。ですがそのシーンは全て細かく人の動きに忠実に再現されているのです。肩の揺れ、上半身のしなやかな動き。

どれを取ってもとても美しくて、細部まで描かれています。髪の毛一本に限っても、風や水の濡れ具合で表現されているのです。

水のひかり具合や効果についても、かなり練りこまれています。同じ水でも全然違う、神秘的な水と真っ平らな水の書き分けが素晴らしいのです。

キャラクターの声優の凄さ

声優さんたちの演技力の高さが素晴らしいです。声優さんたちのキャラクターへの思い入れであったり、情熱がひしひしと伝わってくるのです。

この映画が作られる前に、二作目までアニメは描かれていました。本作でも声優さんは、そのままご自身のキャラを担当されているのでとてもしっくりと来るのです。

そして誰よりもキャラクターの心を掴んでいます。涙を流すシーンが何度も出てくるのですが、その声はとてもリアルで、見ているこちらもホロリと涙を流してしまいそうになるのです。

主要キャラクターの年齢が中学生ということもあり、すこし明るめの声色に近づけていたのも印象的でした。まだたどたどしい、初々しい表現力で、声からキャラクターの魅力が引き出されています。

遙の成長

物語は、端的にいうとスポ根です。壁にぶち当たりながらも、必死にもがいて優勝を目指す。彼らは青春ど真ん中でしょう。

主人公の遙というのが、この物語にエッセンスを加えています。彼は普段無口でほとんど話しません。自分から人に関わろうとはしませんし、何に対しても無関心のように思えます。本当はとても人の心に敏感で、とても友達思いなのです。

遙は水泳の世界では天才です。しかし、天才であるがゆえに敵が多かったり、上手くいかないことも多々あります。中学生とは思えないような葛藤と不安が押し寄せてきて、ストーリーに奥深さを感じます。

物語の最初から最後にかけての、遙の心の変化が、言葉ではなく表情や仕草で見られ、どの場面も目が離せません。

考察・ネタバレ

キャラクターがとにかく可愛い!

映画を見ての感想としては、とにかく魅力的なキャラクターが沢山います。格好つけているように見えても、皆まだ中学生です。

主人公の遙もクールに見えますが、中身はまだまだ子供です。すこしムキになって話したり、不満げに顔を反らせたりするのがとても可愛いです。等身大の中学生を描いているな、という印象でした。

また、一緒にメドレーリレーを泳ぐメンバーの郁弥は特にキャラクターとして濃かったです。小動物を思わせるような大きな瞳と吊り上がった目。ですが、終盤に行くと涙を流して大声で泣いたり、耳を真っ赤にさせて本音を言ったりと、とにかく可愛いキャラクターがいっぱいでした。

個性的なキャラクターが多いので、きっとお気に入りのキャラクターができると思います。

脇を固めるキャラクターが良い!

脇を固めるキャラクターが、とにかく良い味を出していました。脇に置くのが勿体ないくらいです。もちろん物語の中心は、リレーに出る4人の少年たちです。しかし、彼らを支える人々もとても印象的でした。

例えば郁弥の兄である水泳部部長の夏也は、郁弥のことを冷たくあしらい、あまり近づかないようにしつつも、本当は弟のことが心配で仕方がないという描写が多々あります。

夏也の親友である、芹沢尚も顔には出さずとも、4人のことを陰ながら応援しています。4人を見守る人たちが、とにかく温かくて優しいのです。

水泳というスポーツの荒々しさもありますが、なによりも人々の心の暖かさが浮き彫りにされていて、物語を優しい空気で包み込んでいました。

とにかく岩鳶町が美しかった

舞台となった岩鳶町が、とにかく綺麗でした。主人公たちが登下校で通学路を通るのですが、同じ景色が全然ないのです。夕方の景色、朝の景色、そのどれもが本当に綺麗です。

海の見える町なので、何度も砂浜であったり、海岸の描写があります。それが本当に美しくて、息を呑みました。どこかにある田舎町の、何気ない景色を切り取っていて、遙たちが本当にそこに住んでいるようでした。

岩鳶町は、実際に鳥取にある町をモデルにしていることもあり、とにかく再現度がすごいです。実際に行ってみたことがあるのですが、そこから遙や真琴がひょっこりと出てきそうなほどに忠実に再現されていました。そういったこだわりが、より映画の中身を深めているのだなと思いました。

まとめ

ハイ☆スピード!-Free! Starting Days-は、青春真っ只中の少年たちが、水泳に打ち込むスポ根の物語です。この映画の魅力は沢山ありますが、なんといっても個性的で魅力たっぷりのキャラクターたちでしょう。

主人公があまり話さない無口なキャラクターというのも、とても新鮮です。感情の起伏が分かりにくい彼を、とても瑞々しく表情豊かに描いているのが、この映画を作った人たちの力だと思っています。

とにかく青春映画が好き、アニメが好き、またはイケメンが好きという人にもおススメです。物語の構成もよく練られていて、最後まで飽きることはありません。名作といって良いでしょう。興味のある方は是非、映画を見てみて欲しいです。

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は各公式サイトにてご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました