At the terrace テラスにて|フル動画を無料視聴しよう

At the terrace テラスにて

2016年製作/95分/日本

ある夜の屋敷でのパーティの終わりかけ。帰り際に残った数人と屋敷の主人夫妻の7人。

昼間は礼儀正しく勤勉に仕事をし、社会人として日本を支えている彼らが、ある人妻を褒めたたえるという他愛ないきっかけから、いつの間にか自分をさらけ出していく。

予告動画

映画『At the terrace テラスにて』予告編

キャスト・スタッフ

出演 石橋けい
平岩紙
古屋隆太
岩谷健司
師岡広明
岡部たかし
橋本淳
監督 山内ケンジ
原作
音楽
脚本 山内ケンジ
制作

みんなの感想・評価

SNSでの口コミ・評判は?

動画配信情報

動画配信サービス比較表

レンタル

動画配信サービスの詳細

U-NEXT|基本情報

U-NEXTおすすめ
U-NEXTの特徴
月額料金1,990円
無料期間31日間
入会特典600ポイント付与
動画配信数160,000本
ダウンロード
再生可能端末数4

TSUTAYA TV/DISCAS|基本情報

TSUTAYA TV DISCASおすすめ
TSUTAYA TV/DISCASの特徴
月額料金2,658円
無料期間30日間
入会特典1,100ポイント付与
動画配信数10,000本
ダウンロード
再生可能端末数1

FODプレミアム|基本情報

FODプレミアム
FODプレミアムの特徴
月額料金888円
無料期間2週間
入会特典-
動画配信数20,000本
ダウンロード×
再生可能端末数1

Hulu|基本情報

Hulu
Huluの特徴
月額料金1,026円
無料期間2週間
入会特典-
動画配信数60,000本
ダウンロード
再生可能端末数1

AmazonPrimeVideo|基本情報

amazonprimevideo(アマゾンプライムビデオ)
AmazonPrimeVideoの特徴
月額料金500円
無料期間30日間
入会特典-
動画配信数20,000本
ダウンロード
再生可能端末数1

dTV|基本情報

dTV
dTVの特徴
月額料金550円
無料期間31日間
入会特典-
動画配信数120,000本
ダウンロード
再生可能端末数1

dアニメストア|基本情報

dアニメストア
dアニメストアの特徴
月額料金440円
無料期間31日間
入会特典-
動画配信数3,100本
ダウンロード
再生可能端末数1

Paravi|基本情報

Paravi
Paraviの特徴
月額料金1,017円
無料期間2週間
入会特典-
動画配信数10,000本
ダウンロード
再生可能端末数1

ビデオマーケット|基本情報

VideoMarket(ビデオマーケット)
ビデオマーケットの特徴
月額料金550円
無料期間入会月無料
入会特典-
動画配信数20,000本
ダウンロード×
再生可能端末数1

Netflix|基本情報

netflix(ネットフリックス)
Netflixの特徴
月額料金880円
無料期間無料期間なし
入会特典-
動画配信数非公開
ダウンロード
再生可能端末数4

9tsu、パンドラ、Dailymotionで視聴するには?

注意
DailymotionやPandoraで違法動画を見るのは危険

無料動画共有サイトには、「At the terrace テラスにて」が不正にアップロードされているかもしれません。

しかし、違法アップロードされた動画は低画質で怪しい広告が出現する上、最悪の場合ウイルスに感染する恐れがあります。

万が一にでもウイルスに感染することがないよう、動画配信サービスを利用することをおすすめします。

DVD・Blu-ray情報

「At the terrace テラスにて」のDVD・Blu-rayは、2017年11月8日に販売されています。

「At the terrace テラスにて」は、DVD・Blu-rayを購入もしくはレンタルすることでも視聴できますが、動画配信サービスを利用することで今すぐ無料で視聴できます。

作品概要

レイトショー限定の単館上映でありながら、公開から7日間連続で満席完売という驚異の記録を叩き出した映画をご存じでしょうか。その映画は第59回岸田國士戯曲賞を受賞した舞台「トロワグロ」を映画化した「At the terrace テラスにて」という作品です。

この映画の脚本と監督を担当したのは山内ケンジさんで、映画の元となった舞台では「城山羊の会」を率いて2014年に上演されました。

舞台は連日満員となるほどに大人気となり、2015年9月から映画の公開に向けて撮影が開始されたのです。

映画を公開するにあたり、監督の方から分かりやすいタイトルと考え出されたのが「At the terrace テラスにて」でした。登場キャスト7人のスケジュールを調整して全員で挑んだ作品は、2014年の舞台化から2年の月日を経て、2016年11月5日から7日間限定公開となったのです。

あらすじ

本作は富裕層の6名が豪華な白い屋敷のテラスにて、ホームパーティを開催しているところから始まります。

テラスには大胆に両腕を出した、黒いノースリーブのドレスを身に着けた人妻の斉藤はる子が豪華なウッドチェアに腰掛けています。はる子は黒い長髪の美人で、ノースリーブから覗く美しい腕に惹かれて、様々な男がテラスに出てきます。

1人目はホームパーティ主催者の添島で、会社の専務に就いている中年の男性です。添島を始め、身長が低めの田ノ浦と、病弱で顔色の優れない斉藤雅人も、はる子の腕に群がっていくのです。

そんなはる子に激しく嫉妬するのは添島専務の妻である添島和美であり、彼女は胸が開いた黒いドレスを着用しています。

はる子に群がる男たちを遠目で眺めているのは夫の斉藤太郎です。彼は添島専務の部下であり、強く出られない立場でもあるのです。

そんなはる子の腕に群がって、テラスでの富裕層の会話が展開されていきます。

見どころ

富裕層の暮らしをのぞき見

「At the terrace テラスにて」の最大のみどころは、アングルがテラスに固定されているところでしょう。テラス以外に場面が移動することは一切なく、テラスで始まってテラスで結末を迎えます。また視点もテラスから、のぞき見をしているようなアングルで構成されているため、映画を観るというよりはのぞき見している感覚を味わうことができます。

豪華な屋敷の固定されたテラスのアングルから見えるのは、テラスとカーテンで閉ざされた室内と2階のベランダです。そのテラスに人妻のはる子が何やら浮かない表情で、ウッドチェアに座っており、はる子を基点に会話が展開されていきます。

最初は何気ないホームパーティの会話から始まりますが、富裕層ならではの隠された人間関係が明かされていく工程は「のぞき見」というシチュエーションも加わり、好奇心が刺激されていくことでしょう。

人妻たちの嫉妬劇

表面上では穏やかにホームパーティでの会話を楽しんでいる富裕層たちですが、物語が展開していくにつれて、人妻のはる子と和美の嫉妬が激しさを増していきます。

はる子は黒髪の美女であり、ノースリーブからのぞく白い腕に男たちは夢中になります。しかし和美は胸が大きく開いた黒いドレスで、はる子の夫である太郎を誘っていくのです。はる子の魅力はきれいな黒髪と白い腕ですが、胸の大きさでは和美に負けています。また和美は大きく開いた胸の谷間は美しいものの、肌の白さに劣等感を抱えていました。

ただ上品に振る舞いたい富裕層たちは、裏側の心を隠してお互いを褒め合うのです。そのような人妻たちの嫉妬劇も、のぞき見必至のみどころといえるでしょう。

魅力的な映画のキャストたち

富裕層たちがテラスにて会話を展開していくこの映画には、どのようなキャストが出演されているのでしょうか。

まずホームパーティ主催者の妻である添島和美役には石橋けいさんが出演されています。石橋けいさんは神奈川県出身で、14歳でデビューされて「友だちのパパが好き」にも出演されています。そして美しい白い腕を持つ斉藤はる子さん役には平岩紙さんが出演されています。平岩紙さんは大阪府出身で、「とと姉ちゃん」にも出演されています。

はる子の夫の斉藤太郎役には古屋隆太さんが出演されています。舞台をメインに活動されている俳優で、テレビでは世にも奇妙な物語の「シンクロニシティ」に出演されました。さらに添島専務役には岩谷健司さんが出演されています。また映画の後半に登場するキーキャラクターの添島照男役には橋本淳さんが出演されています。

そのような魅力的な出演者たちが映画を盛り上げています。

考察・ネタバレ

舞台の特徴が引き継がれたアングル固定

舞台といえば、動画で構成されている映画と比べると、場面の移り変わりが少ない印象を持たれる方も多いのではないでしょうか。しかしこの映画はその場面の移り変わりの少なさを逆手に取った作品といえるでしょう。

ホームパーティに参加している富裕層の会話をのぞき見るというシチュエーションを利用して、アングル固定の不自然さを払拭しました。それどころか、場面の移り変わりが激しいとのぞき見が成立しないことから、アングル固定の方が望ましい環境を作り上げたのです。この構成と発想が連日全席完売という快挙を成し遂げる要素の1つといえるでしょう。

物語が進んでいくに連れて、テラスだけではなく、カーテンで隠された部屋の様子や、ベランダなどにも場面が広がっていきます。固定されたアングルの中で少しずつ変わっていく様子を楽しむのも良いでしょう。

はる子を巡る恋愛事情

映画の序盤は美しい白い腕を持つ人妻のはる子に、男たちが群がっていくところから物語が展開していきます。特にホームパーティの主催者であり、はる子の夫の上司でもある添島専務ははる子の腕に夢中になっていくのです。その夢中な姿は添島専務の妻である、和美が動揺するほどでした。

他にも身長が低めの田ノ浦や、顔色が優れない斉藤も集まっていく展開に、はる子は白い腕を捧げても良いと言うようになります。白い腕に執着していた添島専務も戸惑いを隠せませんが、白い腕が手に入るならと満更でもない様子を見せ始めます。

その展開にはる子の夫の太郎は、次第に焦りを見せ始めます。太郎の焦りを見たはる子が、少し嬉しそうに微笑む姿は富裕層ならではの反応かもしれません。

はる子の夫の太郎を巡る恋愛事情

この映画は、はる子を取り巻く恋愛事情だけで終わるわけではありません。序盤こそはる子が注目されていますが、そんな彼女の裏側で、夫の太郎の恋愛事情が展開されていくのです。

太郎は襟足まで伸びた黒い髪の毛に、口ひげを蓄えたワイルドな印象を持つ男です。そんな彼にはる子の目を盗んで、添島専務の妻である和美が近づいていきます。和美は太郎の指を持ち上げて、自分の胸元に指先を挿入させます。そのシーンはとても魅惑的で、目が離せなくなってしまうのではないでしょうか。

また物語の中盤辺りから、添島照男が豪邸に帰宅します。照男は以前にはる子が合コンで知り合ったメンバーの1人で、太郎は照男の存在に戸惑ってしまうのです。太郎ははる子と照男の真相を知りたくて、照男に近づいていきます。その先に待ってる太郎の行動は目を見張る展開といえるでしょう。

まとめ

「At the terrace テラスにて」はテラスのみで展開されていく映画です。しかし、のぞき見というシチュエーションを使用することで、場面の固定を長所に変えた珍しい作品といえるかもしれません。

富裕層の何気ない会話と一言で表現できてしまう作品だからこそ、その会話が何を伝えているのか、掘り下げていく内にのめり込んでいくことでしょう。

この映画のメインテーマでもある富裕層の会話ですが、これをのぞき見しているのは「だれ」が基点となっているのでしょうか。それを意識しながら終盤に向けて、テラスを中心に広がっていく展開を楽しむことをおすすめします。

また富裕層の会話はテラスだけではなく、上のベランダにも広がっていきます。視野を広くして、富裕層の会話を最後まで楽しみましょう。

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は各公式サイトにてご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました