アントマン&ワスプ|フル動画を無料視聴しよう

アントマン&ワスプ

2018年製作/118分/アメリカ

アントマンとして活躍するも、ある事件のせいでFBIの監視下に置かれ、軟禁状態となったスコット。

ピム博士から新たな指令を与えられ、再びアントマンとなった彼は博士の娘・ホープとコンビを組むが、彼らの前に全てをすり抜ける謎の美女・ゴーストが現れる。

予告動画

【映画 予告編】 アントマン&ワスプ

キャスト・スタッフ

出演

(スコット・ラング/アントマン)ポール・ラッド
(ホープ・ヴァン・ダイン/ワスプ)エヴァンジェリン・リリー
(ルイス)マイケル・ペーニャ
(バーチ)ウォルトン・ゴギンズ
(ゴースト/エイヴァ)ハナ・ジョン=カーメン
(カート)デヴィッド・ダストマルチャン
(デイヴ)ティップ・“T.I.”・ハリス
(マギー)ジュディ・グリア
(パクストン)ボビー・カナヴェイル
(ジミー・ウー)ランドール・パーク

監督 ペイトン・リード
原作
音楽 クリストフ・ベック
脚本 クリス・マッケナ
エリック・ソマーズ
ポール・ラッド
アンドリュー・バレル
ガブリエル・フェラーリ
制作 ケヴィン・ファイギ
スティーヴン・ブルサード

みんなの感想・評価

SNSでの口コミ・評判は?

動画配信情報

動画配信サービス比較表

見放題

動画配信サービスの詳細

U-NEXT|基本情報

U-NEXTおすすめ
U-NEXTの特徴
月額料金1,990円
無料期間31日間
入会特典600ポイント付与
動画配信数160,000本
ダウンロード
再生可能端末数4

TSUTAYA TV/DISCAS|基本情報

TSUTAYA TV DISCASおすすめ
TSUTAYA TV/DISCASの特徴
月額料金2,658円
無料期間30日間
入会特典1,100ポイント付与
動画配信数10,000本
ダウンロード
再生可能端末数1

FODプレミアム|基本情報

FODプレミアム
FODプレミアムの特徴
月額料金888円
無料期間2週間
入会特典-
動画配信数20,000本
ダウンロード×
再生可能端末数1

Hulu|基本情報

Hulu
Huluの特徴
月額料金1,026円
無料期間2週間
入会特典-
動画配信数60,000本
ダウンロード
再生可能端末数1

AmazonPrimeVideo|基本情報

amazonprimevideo(アマゾンプライムビデオ)
AmazonPrimeVideoの特徴
月額料金500円
無料期間30日間
入会特典-
動画配信数20,000本
ダウンロード
再生可能端末数1

dTV|基本情報

dTV
dTVの特徴
月額料金550円
無料期間31日間
入会特典-
動画配信数120,000本
ダウンロード
再生可能端末数1

dアニメストア|基本情報

dアニメストア
dアニメストアの特徴
月額料金440円
無料期間31日間
入会特典-
動画配信数3,100本
ダウンロード
再生可能端末数1

Paravi|基本情報

Paravi
Paraviの特徴
月額料金1,017円
無料期間2週間
入会特典-
動画配信数10,000本
ダウンロード
再生可能端末数1

ビデオマーケット|基本情報

VideoMarket(ビデオマーケット)
ビデオマーケットの特徴
月額料金550円
無料期間入会月無料
入会特典-
動画配信数20,000本
ダウンロード×
再生可能端末数1

Netflix|基本情報

netflix(ネットフリックス)
Netflixの特徴
月額料金880円
無料期間無料期間なし
入会特典-
動画配信数非公開
ダウンロード
再生可能端末数4

9tsu、パンドラ、Dailymotionで視聴するには?

注意
DailymotionやPandoraで違法動画を見るのは危険

無料動画共有サイトには、「アントマン&ワスプ」が不正にアップロードされているかもしれません。

しかし、違法アップロードされた動画は低画質で怪しい広告が出現する上、最悪の場合ウイルスに感染する恐れがあります。

万が一にでもウイルスに感染することがないよう、動画配信サービスを利用することをおすすめします。

DVD・Blu-ray情報

「アントマン&ワスプ」のDVD・Blu-rayは、2018年8月31日に販売されています。

「アントマン&ワスプ」は、DVD・Blu-rayを購入もしくはレンタルすることでも視聴できますが、動画配信サービスを利用することで今すぐ無料で視聴できます。

作品概要

『アントマン&ワスプ』は2018年に公開された、マーベルによるアメリカンコミック原作の『アントマン(2015年公開)』の続編作品です。

1作目のアントマンの主人公は原作のハンク・ピム博士ではなく、映画オリジナルのスコット・ラングがアントマンとして活躍する物語となっていました。

本作では、ピム博士の娘であるホープ・ヴァン・ダインが新たなるヒーロー【ワスプ】として加わり、量子世界に消えてしまったピム博士の妻を助け出そうと奮闘する内容となっています。

またピム博士の過去とその活躍も1作目よりフィーチャーされており、スコットとホープ、そしてピム博士がそれぞれ持っている力で活躍するストーリーとなっています。

あらすじ

前作は、刑期を終えて出所したばかりのスコットは世間の冷たい風に晒されることとなり、元妻やその娘に会うことすらできない所からの始まりました。

今作では、元妻との関係もそれなりに修復でき、娘と面会することもできるようになっています。冒頭、DIYで作ったであろう屋内アトラクションで娘と楽しく遊ぶシーンから始まります。

しかしスコットは、『シビル・ウォー キャプテン・アメリカ』で協定に反してキャプテン・アメリカに協力したため、FBIに軟禁されることとなります。

常に監視付きの生活を送っていて外出すらままなりません。そんな軟禁状態も終わりに近づく中、不思議な夢を見るスコット。どうしても気になった彼は、迷いながらもその夢と関係がありそうなピム博士に連絡を取るのでした。

その1本の電話がきっかけで、再びアントマンスーツを身につけざるを得なくなるのでした。

見どころ

コメディ色強めの娯楽映画

前作はスコットの正体は実は冴えないこそ泥で、収監された後の出所という背景もあり、やや暗めのシナリオでした。しかし、本作『アントマン&ワスプ』ではスコットの楽天家気質が遺憾なく発揮され、かなりコメディ寄りの演出となっています。

スコットをサポートする仲間たち(セキュリティ会社の共同経営者)もかなりの天然系が揃っており、敵役に捕まった際も本来なら暗鬱とするような尋問シーンでもとぼけた質問や応答に終始し、見る側が思わず吹き出してしまいそうなノリが全編に渡っています。

「ダークナイト」や「マン・オブ・スティール」、リメイク前の「スパイダーマン」や「ブラックパンサー」など、苦悩するアメコミヒーロー作品も多い中、前作では苦悩したスコットも、今作では苦労こそするものの、コメディ色の強い笑いに満ちた作品となっています。

開発したメカで初代アントマンも活躍

アントマンは科学技術でつくられたアントマンスーツを用いることで、身体の大きさを自在に変化させるスーパーヒーローです。作品内にもアントマンスーツを開発したピム博士が作った数多くの発明品やガジェットなどが登場します。

アントマンの技術を応用したであろう縮小&復元機能を用いた様々な発明品が目まぐるしく登場し、前作以上にメカによる活躍の多い作品となっています。アイアンマンなどメカや発明品が次々出てくる映画が好きな方におすすめの内容となっています。

反面やや荒唐無稽さが特出しているため、SF作品内の科学技術に一定の根拠を求める人には合わないかもしれません。

パートナーは蟻から女性へ?ヒロインワスプとの絶妙なタッグ

前作のスコットは元泥棒ということで協力者が少なく、相棒は人間ではなく様々な蟻たちでした。しかし今作は、『アントマン&ワスプ』のタイトル通り、アントマンはワスプに扮するピム博士の娘であるホープ・ヴァン・ダインと協力して敵と戦うことになります。

ワスプスーツはアントマンスーツの後に開発されたものであるため、アントマンスーツにはない能力があり、アントマンのように羽蟻の協力がなくても空を飛べたりします。それとは対照的に今作はアントマンスーツが不調に陥っており、肝心な場面で機能不全を起こしたりなどハラハラする展開が待ち受けています。

考察・ネタバレ

SFアメコミ好きなら是非

アイアンマンなど普通の人間がSF的な科学技術を駆使し、メカのサポートがない場面では知恵と機転を生かしてトラブルを乗り越えていくような作品が好きな人には楽しめると思います。アントマンスーツ以外の発明品もたくさん出てくるので、メカメカしいのが好きな方には特にオススメです。

反面「これ魔法とどこが違うの?」と言われると返答に困るようなものもあります。まぁアイアンマンのスーツも最新作では魔法と遜色ないようなものとなっているので、そういうときは「十分に発達した科学技術は、魔法と見分けがつかない」というSF作家のアーサー・クラークの名言を思い出しましょう。

他のマーベル作品には魔法使いや神様も登場しますので、魔法と科学を無理に切り分けて考えるのも無粋なような気がしますし、なにより関連作品の「アベンジャーズシリーズ」を楽しめなくなってしまいます。

アベンジャーズを見る前に主要人物の学習用に

「アベンジャーズシリーズ」は、マーベル作品のヒーローが出てくるお祭り映画の決定版ですが、後の作品になるほど登場人物が増え、個々のキャラクターの描写が少なくなりがちです。ですので事前に各ヒーローの単体映画を見ておかないとバックストーリーが掴みにくくなっています。

お約束となっていますが、最新アベンジャーズシリーズを見る前にも必ずアントマン&ワスプを見て、どういう展開があってどういった結末を迎えたかを学習しておきましょう。

私個人としてはいつもヒーロー同士で仲違いしているアベンジャーズより、仲間同士(いさかいはありつつも)和気あいあいとしているアントマン&ワスプの方が見ていて楽しいと思いますよ。

コメディたっぷりでとにかく明るい!もちろんハッピーエンド?

やや暗めで地道な特訓で蟻たちを手懐け、少しずつ主人公スコットが成長していく過程を描いた前作も好きなのですが、見ていて楽しいのは今作『アントマン&ワスプ』ですね。

主人公の周りのキャラクターも面白い人物が多く、予想していたよりもはるかに楽しい内容で驚きました。最近のアメコミヒーロー映画は大抵何らかの苦悩があるものが多い中、コメディ色が強めで気軽に楽しめる作品に仕上がっていると思います。

そしてスタッフロール後にはお約束のアベンジャーズへ続くワンシーンも挿入されています。それを見るとなぜ見出しの【もちろんハッピーエンド?】という言葉の最後に『?』を付けたのかが分かるでしょう。

まとめ

本作はワスプというヒロイン&頼もしいバディを新たに仲間に加え、ピム博士に恨みを持つ敵役とそれを利用しようとする組織と相対しながら、量子世界に消えてしまったピム博士の妻を助け出すまでの物語です。

『アントマン&ワスプ』は前作「アントマン」とは若干演出傾向が変わっている点にも注目すべきでしょう。アメコミ好きの人にオススメなのは今作も変わりませんが、同じアメコミ原作でも主人公が苦悩するキャプテン・アメリカなどの物語よりも、「デッドプール」や「スーサイド・スクワッド」の様に、脳天気さやコメディ要素の強い娯楽作品となっています。

傾向は違えど前作「アントマン」も十分面白いので、巨大な昆虫(蟻)の描写が苦手でなければきっと楽しめる作品だと思います。

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は各公式サイトにてご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました