旅のおわり世界のはじまり フル動画無料視聴方法

旅のおわり世界のはじまり
2019年製作/120分/日本・ウズベキスタン・カタール合作 予告動画を検索
歌う夢を胸に秘め、テレビリポーターを務める葉子は巨大な湖にひそむ“幻の怪魚”を探すため、番組クルーと共にかつてシルクロードの中心地として栄えた地を訪れた。ある日の撮影が終わり、ひとり街に出た彼女は、聞こえてきたかすかな歌声に誘われ…。
出典: U-NEXT
旅のおわり世界のはじまり
総合評価3.2

ライター/ジョセフ

見たい映画はDVDや動画配信サービスではなく、なるべく映画館に足を運んで見るようにしています。これからも素晴らしい映画との出会いを大切にしていきたいと思います。

解説/鯉西編集部

当サイト(KoinishiMovie)を運営中。

#01
旅のおわり世界のはじまり
フル動画無料視聴方法

「旅のおわり世界のはじまり」はU-NEXTの無料期間を利用して0円で視聴することができます。

U-NEXTは31日間のお試し期間が設定されており、期間内に解約すれば料金が発生しません。

「旅のおわり世界のはじまり」
無料視聴の流れ
STEP.1 登録
U-NEXTに登録(2~3分程度)します。登録方法は、以下の通りです。
U-NEXTの登録方法
U-NEXTの登録方法1
「まずは31日間無料体験」を選択し、登録画面に移動します。
U-NEXTの登録方法2
お客様情報を入力し、「次へ」を選択します。
U-NEXTの登録方法3
決済方法を入力して「送信」を選択すると、会員登録は完了です。黄線の日付までに解約を完了すると料金は一切発生しません。
STEP.2 視聴
登録後は、すぐに作品を視聴できます。「旅のおわり世界のはじまり」と一緒に以下の作品も配信中です。
STEP.3 解約
登録から31日以内にU-NEXTを解約(2~3分程度)します。解約方法は下記のとおりです。
U-NEXTの解約方法
U-NEXTの解約方法1
「契約内容の確認・変更」を選択します。
U-NEXTの解約方法2
「解約はこちら」を選択します。その後2~3回「次へ」が続きます。
U-NEXTの解約方法3
「同意する」に✓を入れ、「解約する」を選択します。
U-NEXTの解約方法4
以上で解約は完了です。念のため「契約内容の確認・変更」を選択し、利用中のサービスがなくなっていることを確認すると安心です。
無料期間が長い
31日間
登録・解約が簡単
それぞれ2~3分で完了
配信作品が多い
16万作品以上

#02
旅のおわり世界のはじまり
作品情報

「旅のおわり世界のはじまり」は黒沢清監督によって、2019年の6月14日に劇場公開されているロードムービーです。

とある一家の崩壊を淡々と綴った「トウキョウソナタ」から、ご町内に潜む狂気を暴き出していく「クリーピー 偽りの隣人」まで。

映画批評家や小説家としても活動を続けている、1955年生まれで神戸市出身の映画作家がメガホンを取りました。

日本とウズベキスタンとの国交樹立25周年を記念した両国合作で、1カ月におよぶオール海外ロケで制作されています。

テレビの旅番組の女性リポーターが、小編成の撮影クルーと共にウズベキスタンへと繰り出していくドキュメンタリータッチの作品です。

作品データ

上映時間120分
製作年2019年
製作国日本
ウズベキスタン
カタール
原題-
配給東京テアトル
公式サイト映画『旅のおわり世界のはじまり』公式サイト

#03
旅のおわり世界のはじまり
予告動画・あらすじ

予告動画

あらすじ

藤田葉子はテレビ番組の旅コーナーでリポーター役として出演して、そこそこに知名度と人気があるタレントです。

今回の番組企画は中央アジアのウズベキスタンで、アイダール湖に棲息する怪魚をカメラに収めることでした。

葉子と同じ飛行機で来たのはディレクターの吉岡とカメラマン・岩尾のふたりで、ADの佐々木は先発隊として既に現地入りしています。

少人数のスタッフだけで撮影は始まりますが、突如として撮影許可が取り消されたり金銭的なトラブルに見舞われたりと予定通りには進みません。

根っからの視聴率至上主義の吉岡と、もともとはドキュメンタリーカメラマン志望だった岩尾はお互いへの嫌悪感を露にします。

通じない言葉と慣れない風習に戸惑いっぱなしの葉子は、異文化に触れていくことで少しずつ自分自身を見つめ直していくのでした。

#04
旅のおわり世界のはじまり
キャスト・スタッフ

監督
黒沢清
脚本
黒沢清
原作
-
出演
前田敦子
加瀬亮
染谷将太
柄本時生
アディズ・ラジャボフ
音楽
林祐介
製作
黒沢清

#05
旅のおわり世界のはじまり
見どころ

旅立ちを迎えるヒロインにぴったり

人生の中で迷子になってしまったかのようにぼんやり立ち尽くすヒロイン、藤田葉子を演じているのは前田敦子です。

国民的なアイドルグループのセンターとして走り続けてきた10代と、女優としてキャリアを積んできた20代の彼女の生きざまそのままですね。

見切り発車のままで現地ロケを敢行していく迷惑ディレクター、吉岡役の染谷将太もいい味を出していました。

このふたりは廣木隆一監督の2015年作、「さよなら歌舞伎町」では倦怠期に突入したカップル役で共演しています。

今作でも息の合った掛け合いと憎まれ口の叩き合いを軽やかにこなしていて、凸凹コンビとしての魅力は健在です。

本国のウズベキスタンに止まることなく海外でも幅広く支持を集めている、アディズ・ラジャボフが現地通訳のテルムに扮していました。

劇中では流暢な日本語を披露していて、その順応性の豊かさと役者としてのプロ意識の高さには頭が下がります。

遠くて近い国

ウズベキスタンという国名を聞いた瞬間に、多くの人が「旧ソ連」といったキーワードを連想するのではないでしょうか。

熱心な邦画ファンであれば飯田譲治監督の2003年作、「ドラゴンヘッド」のロケ地として思い浮かべてしまうはずです。

シャヴカト・ミルズィヤエフ大統領の名前や、首都タシュケントの位置までパッと出てくる人はごくごく僅かでしょう。

日本からは物理的には距離感が横たわっている国ですが、意外なほど官民問わずに地道で友好的な国際交流を続けてきました。

その背景には第2次世界大戦終結直後にシベリアに抑留されていた日本人が、ウズベキスタンへと強制連行されたほろ苦い歴史があります。

その当時抑留されていた日本人の手によって建設されたナヴォイ劇場が、完成から70年を迎えたことが本作の誕生きっかけのひとつです。

遠く離れた海の向こうのアジアの小国と、我が国との不思議な繋がりに思いを巡らせながら鑑賞してみて下さい。

美しい風景の中に歴史の過ち

旅のスタート地点となるのは、ウズベキスタン南部に位置するイスラム教文化が根付いた都市・サマルカンドです。

旧くはアレクサンダー3世が率いたマケドニア軍、中世ではモンゴルやイラン、20世紀に入ると冷戦時代のソ連。

過去には異教徒や諸外国からの侵略に悩まされ続けてきた傷跡が、町外れの慰霊碑や古戦場にも刻まれていました。

葉子たちがお目当ての幻の魚を探すために訪れるのは、カザフスタンとの国境にまたがって雄大に広がるアイダール湖です。

もともとこの一帯は乾上がった大地だったのが、1大規模なダム建設によって流れ込んできた川が湖を形成したという数奇な歴史があります。

風光明媚な眺めや歴史ある建造物の中にも、争いを繰り返し自然の流れをねじ曲げてきた人間の浅ましさが見え隠れしていました。

#06
旅のおわり世界のはじまり
感想・評価

ウズベキスタンには着いたけれど

滞在中の異国のホテル内を不安げな眼差しを浮かべながら、うろちょろとする藤田葉子がオープニングを飾ります。

朝早くに客室で目覚めた時に、一瞬自分がどこにいるのか分からなくなってしまうあの奇妙な感覚が伝わってきました。

日本から遠路はるばるやって来た目的が、伝説的の珍魚を発見するという視聴率狙いだけでは葉子のモチベーションが上がってこないのも当然です。

休憩中に地元の食堂で食べている御当地グルメのプロフも、ロケハン不足からかそれほど美味しそうではありません。

道中には物珍しげな屋台や目を見張るような伝統工芸品もたくさん並んでいますが、スマホを片時も離さずにLINE返信にばかり気を取られている葉子が印象的でした。

自由になれないヤギと葉子

撮影が休憩時間に入った時にぶらりと立ち寄った住宅街で葉子が偶然に見つけた、1匹のヤギ・オクーが可愛らしかったです。

大きな木の杭に繋がれて人間たちに飼い慣らされていたヤギが、草原へと帰っていくシーンが解放感に満ちあふれていました。

あくまでもテレビ放映用の演出なために、ディレクターの吉岡が現地の人にお金を払って演出したという裏話も明かされます。

番組撮影が無事に終了すれば葉子たちは日本へとんぼ返り、オクーは再び飼い主の元に返還されて囲いの中へ。

人間であろうとヤギであろうと定められた運命からはそう簡単には抜け出すことが出来ないという、残酷な現実を突き付けられてしまいました。

夢か現実か不思議なステージ

いつの間にか見知らぬ街をさ迷い歩いている葉子の側には、大きなカメラを抱えた岩尾も何かにつけて文句ばかりの吉岡もいません。

何処からともなく聞こえてきた歌声に誘われるかのように、劇場の中へとふらふらと入っていく葉子の後ろ姿が儚げです。

がらがらの客席にひとりで腰かけた葉子の目の前で繰り広げられていく、つかの間の歌謡ショーも幻想的でした。

ステージ上に飛び入り参加した葉子が熱唱する「愛の讃歌」は、本家のエディット・ピアフにも負けないような華があります。

パトロール中の警備員の野暮なひと言によって全ては水の泡となり、夢のような時間の終わりが何とも名残惜しかったです。

みんなの感想・評価

#07
旅のおわり世界のはじまり
まとめ

日常とはかけ離れた大自然の中に飛び込んでいき、数多くの貴重な体験をしてきた葉子は冒頭とは別人のように生き生きとしています。

終着点となるこの世の果てのような丘の上で目の当たりにした光景と、ここでも彼女を勇気づける「愛の讃歌」のメロディーが圧巻でした。

何となくリポーターの仕事を続けていた葉子が、心の底からやりたかったことに気がつくラストも清々しかったです。

代わり映えのしない毎日に物足りなさを抱いている方や、海外旅行にはご無沙汰な皆さんは是非ご覧になって下さい。

無料期間が長い
31日間
登録・解約が簡単
それぞれ2~3分で完了
配信作品が多い
16万作品以上